2016年(申年)の抱負と対策

寒中お見舞い申し上げます。
年末年始は暖かく過ごせましたが、今日からは冬本番となりそうですね。
今年は申年、どんな年になるでしょうか。。。

「申」は「しん」と読み、「のびる」や「もうす」という意味があり、果実が成熟して固まって行く状態を表します。
陰陽は「陽」。
五行は「金」。

なるほど。
先日、某新年会で今年がどんな年になるのか話題になりました。
昨年も世界各国で色々なことが起こりましたが今年は更に輪をかけて行くようです。
それは個人レベルでも同じで、避けては通れないので流れに身を任せるしかないのだとか。
ただ、夏頃から物事が結実して行くようになるのでそれまでには色々準備した方が良いそうです。
例えば目標や方向性等の意志を固める等々。。。

私自身、ごもっとも!と思える内容です。
昨年秋から徐々に私自身も含めて私の周りのエネルギーが変わり始めました。
そして日常生活やその他諸々、自分を取り巻くモノが現実レベルでどんどん変化して行きました。
特に年末からは物凄い速さで次から次へと色々な事が起こり今に至っています。
目まぐるしい変化の中で、やっとブログに手を伸ばす状態になったと言いますか。。。
とにかくこれはもう、現実的な状況も自分の中の状態も整理整頓、究極の断捨離が必要なのでしょう。
非日常的な事が起こり、時には怒りや悲しみ等の負の感情も溢れ出し、その度に有難くお掃除させていただいております(笑)
もうすぐ新たなる環境で本来の自分の能力を発揮して行くことになるでしょう。

傍から見ると本当に大変そうな出来事も、その人にとっては必要なイベントなんですよね。
私自身の状態も、以前の私では耐えられないかもしれないなぁと思えるほどなのですが、かなりレベルアップしてきたので大丈夫なんですね。。。
しかも、天の采配は素晴らしいものです。
疲れてきた頃にちょっとしたご褒美がやってきます。
飴と鞭とはこういうことか?
と飴を舐めながら笑ってしまう幸せなひと時も。。。
でも、今一番何が幸せかと訊かれたら、仕事をしている時だと思います。
治療をして楽になったと喜んでくれる患者さんのお話を聞いていると、本当に幸せです!
こういうお仕事をさせていただけて本当に有難いと思います。
患者さんには感謝の気持ちでいっぱいです!
いつもありがとうございます!!!
この気持ちはどんな時でも忘れずに行きたいと思います。

さて、「申年に赤い下着を贈ると病が治る」「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの言い伝えが日本各地に伝わっているはご存知ですか?
元々ははチベット仏教から来た話のようです。
第1チャクラをサポートする「赤い」下着に申年パワーが加わるのであれば利用しない手はないですね!
ということで、今年は誰かにプレゼントする時は赤い下着にしようかな~?
赤い下着をおねだりするのも良いかしら?
と思いつつ、とりあえず赤い下着を身に着けて究極の断捨離に挑んでおります(笑)
何が起こるか分からない分、今年も楽しんで参りましょう!

a0245055_158262.jpg

[PR]

by miyabina10 | 2016-01-12 15:10 | Comments(0)