太極拳と居合道の応用

スポーツの秋。
皆さま楽しんでいらっしゃいますか?
私は先月は太極拳、今月は居合道を体験して参りました。
どちらも初めてでしたので筋肉痛を味わう羽目になりましたが(笑)、とっても楽しかったです。

興味があって、ご縁があって、予備知識も無いままでの気軽な体験でしたが、架空の相手との仕合の型を演武するという点では同じです。
どちらも呼吸法が重要なんですが、初めのうちは身体作りと「型」を覚える事で精いっぱいです。
が、何となく分かったことがあります。
これらの「気」の扱い方は鍼灸やヒーリング等の施術に応用できそうです!

今までの施術では、私の身体は導管となってあちらの世界と患者さんを繋げるだけでした。
ですから、基本的には私自身は自分の気を消耗することはありません。
たまに扱うエネルギーが大量だったり強大だったりすると、その状態を維持するのが大儀だったり衝撃を受けたりはしますが。。。
しかし、導管をコントロールすることができればこのような余波も軽減できるのでは?
更に自分の気を上手く利用することもできるのでは?
と感じた訳です。

勿論、一度体験しただけでは無理ですよね。
今後どうなるか分かりませんが、続けていけたら面白いことになりそうです。

しかしまぁ、太極拳はまだしも、居合道とは。。。
体験では主に木刀での練習でしたが、真剣もお試しで持たせていただきました。
普段持つのはセレナイトの聖剣ですが、真剣を持つと当たり前ですが気の感じが全然違います。
いつも以上にグラウンディングを意識させられます。
というか、地に足が着いていないと持っていられない。
同時に天と繋がらないと重い(笑)。
おそらくこのタイミングで色々な意味で、私にとって必要な学びなのでしょう。

「剣」が好きな訳ではありませんが、学生の時に授業で剣道を1年経験しました。
友人のお父様が刀の収集家で見せていただいたこともありました。
そして、セレナイトの剣を扱うことになりました。
今年の春には会津城で日本刀を持つ機会がありました。
最近は古武道の片鱗を教えていただくことがあって、凄いなぁと思っているところに居合道。。。

思い返せば天のお導きですね。
感謝して気の赴くままに楽しんで行きたいと思います。

a0245055_11324250.jpg

[PR]

by miyabina10 | 2015-10-14 11:33 | Comments(0)