マントラお籠り明けにて

明けましておめでとうございます。
と言っても、七草粥を堪能して週末からまた連休ですね。
当院は明日から仕事はじめです。
昨日までマントラお籠りだったので、昨年やり残した事を含めて準備諸々バタバタ状態。
お籠り5日間が天国に思えます(笑)

簡単にそのご報告です。
今回は「薬師如来のマントラ」を5日間で5万回唱えました。
中央に薬師如来(青)、周りにダーキニーと呼ばれる4人の神々(白、赤、黄、緑)が鎮座し、調和した五色の光線で私たちのカルマ、起こり得る全ての病気と悪を浄化します。

いつも思いつきで実行していますが、終わってみると成程、その理由が分かります。
この手のお籠りは、術者の充電が一つの目的です。
今回は私自身の太陽としての運勢の始まり(そういう星回りだそうです)に必要なタイミングでの出来事でした。
お籠り最中に色々ありましたが、最終日は全てのものから解放されて自由になり、ただ居るだけで五色の光線で満たされ、喜びの中で唱えていました。
そして「光明の女神(チベット名)」として不動の状態になると、マントラは例えようもなく優しい音色になり、深く広く虹の安らぎに満たされていきました。

実際のところどうなの?と思われるかもしれません。
エピソードが一つ。
昨年末から半月ほど、私自身、原因不明の背中の痛みで格闘していました。
ある日目覚めると同時に「背骨が折れた???」と思うような痛みで驚き、すぐに友人に鍼灸治療をしてもらいました。
でも、また翌朝布団の中で寝返りもままならずに苦しむ状態。
思いつくことは全て試しましたが好転せず。
面白い事に起床後身体を動かしている内に平気になります(多少違和感はありましたが)。
普通に仕事もヨガもしていました。
何故こんなに痛くて気持ち良く目覚められないの?
これがいつまで続くのかと思うと本当にゲンナリ。。。
それが、マントラお籠りの初日に目覚めると「あら?」「全く痛みが無い!!!」
ヒーリングの類は実際に施術する前から反応が出たりするので、「やっぱり?!」
おそらく、これもカルマの浄化なの一つなのでしょうね。
とにかく助かりました。
これだけでもやった甲斐があるというもの。
ただ、お籠りをすると決めていなければ背中の痛みは発症しなかったと思いますが(笑)

という感じで、パワーアップして皆様が健やかに生活していくお手伝いをさせていただきますので、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

a0245055_22233335.jpg

[PR]

by miyabina10 | 2015-01-08 22:24 | チベット医学 | Comments(0)