ホメオパシー

「ホメオパシー」を初めて受けて約1ヶ月が経過しました。
ホメオパシーは代替療法の一種で、、「レメディ」という球形の錠剤を飲むことによって行われます。
このレメディは、症状を起こすものはその症状を取り去るものになるという「同種の法則」から、植物,動物,鉱物などを天文学的数字にまで高度に希釈振盪した液体を小さな砂糖玉にしみこませたものです。
物質そのものは残っていないので副作用がありません。
効果を及ぼすのは物質の「波動」です。

私自身はそれほど困った症状が出ていたわけではないのですが、療法そのものに興味があり、知人の紹介があったので受けてみた次第です。
そして1ヶ月経って、確実に変わっていると感じています。
ただ、途中でマントラお籠りをしたので、相乗効果が甚だしいだろうとは思いますが。。。
具体的な身体症状としては次の通り。
・腰痛が無くなった
・花粉症の症状があまり出ない

更に、深い感情・精神レベルでのデトックスが続いており、そこまで考慮した処方なのだなぁ、と感心しています。
問診票の質問項目は胎児期から始まり、かなり深いレベルでこれまでの人生を振り返る内容でした。
実際に面談は約5時間かかりました(その間に機械による波動の治療も行っていただきましたが)。
体質のみならず、精神的な面からも改善していける療法だと思います。

私は東洋医学に携わり、心身魂を治療の対象としています。
そういう意味ではホメオパシーと同じです。
鍼灸の方が物理的な刺激が強く、即効性があるという違いはありますが。
大まかに見ると、漢方薬の代わりにホメオパシーを用いることも出来るかもしれません。
ただ、施術者(ホメオパシスト)によってどこに重きを置くかはかなり差があるだろうと思います。

レメディは「波動」で治療するものです。
マントラ・ヒーリングと同じです。
前者が物質を希釈してその波動を利用するのに対し、後者は症状そのものに効くマントラ(波動)を使います。
そして大きな違いはそこに神(宇宙)が介在するか否か。

最近、患者さんに頼まれたマントラ入りのお品物をほぼ渡し終えました。
敏感な方はその波動の高さが分かるようで、「次はいつ?」と催促されました。
喜んでいただけて嬉しい限りです。
私自身、薬用酒等の素晴らしさに感動しているので、次回はケース買かも(笑)。。。

a0245055_0161978.jpg

[PR]

by miyabina10 | 2014-03-15 22:39 | 健康 | Comments(0)