今ここに在るということ

一昨日、人生初のデモ参加をしてきました。
大飯原発再稼働反対デモで、首相官邸前に45,000人が抗議の声を上げました。

デモの通りに出るとすぐに、胸が苦しくなり、涙がこみ上げてきました。
感動したのではありません。
集団の持つ何らかのパワーに共鳴したのでしょう。

実は、何故自分がデモに参加するのか良く分かっていませんでした。
デモなんて、一生縁の無いものだと思っていました。
人混みは苦手ですから、主旨に賛同しても参加する事は考えられませんでした。

自分にとってあり得ない場所で、本当の自分を見失わずにその瞬間を生きること。
どうやら、それが私にとっての1つのテーマだったようです。

デモに参加する前に、思考を止めて今ここに在るという、本来の自分を感じる瞑想をしていました。
たぶん、その時の感覚が続いていたのでしょう。
喧噪の最中で、私の中で非常に落ち着いた冷静な自分がいました。
胸が苦しくなったり、人の多さにびっくりしたり、そういう自分を観察している自分。
そして、列の最後尾につくと、「浄化しなければ」と思ったのです。
誰が?
たぶん、エゴから解放された今在る自分が。

そして、とにかく自分の周りを浄化して歩きました。
集団の歪められたエネルギーではなく、純粋な愛のエネルギーが届くと良いな、と思いながら。

世の中の善悪は、全て人々のエゴから作られているようです。
感情に振り回されずに状況、思考、感覚を観察すること。
これが、エゴから解放される第一歩。
人間が本当に幸せになる第一歩だと、賢人は言っています。

a0245055_23282047.jpg

[PR]

by miyabina10 | 2012-06-24 23:30 | Comments(0)